• 敏感肌の人のクリーム
  • 敏感肌の人のソープ
  • 敏感肌の人の薬品

オーガニック系化粧品

敏感肌の人のソープ

クレンジングは、メイクや肌の汚れを落とすという意味で、基礎化粧品の中でもとりわけ大事な存在です。
しかし、敏感肌の人にとっては、汚れを落とすことすなわち、肌の表面にダメージを与えることにもつながりかねないので、商品選びは慎重に行いたいものです。

最近では、敏感肌向け化粧品で、クレンジング料から美容液、スペシャルケア用のアイテムまで揃ったシリーズも、かなり増えてきています。
ですから、このようなシリーズをライン使いするのがお勧めです。
クレンジング料以外の基礎化粧品も、同じ成分を元に作られていますので、相乗効果が得られます。
特に、敏感肌の人に不足しがちな、肌のバリアを強くしてくれるセラミド配合のものなどは、保湿力にも優れていますので、いつも肌がしっとり潤って、メイクの乗りもよくなります。
また、オーガニック系化粧品のクレンジング剤も、界面活性剤などの、肌への刺激になりやすい成分を使っていないのに加え、ヒーリング作用のある香りのものが多いので、とても気持ちのいいクレンジングタイムを楽しむことができます。
オーガニック系では、ダブル洗顔不要のクレンジング剤なども発売されています。

一度の洗顔で済むというのは、肌への摩擦がその分抑えられるわけですから、敏感肌の人にはとても嬉しい話です。
また、敏感肌だけど毛穴が気になる場合、毛穴の汚れを落とす化粧品といえば、かなり脱脂力が強く、敏感肌にはよくないのではと思っていないでしょうか。
しかし最近では敏感肌にも刺激が少なく、そのうえ毛穴をケアする化粧品も登場しています。
これなら、気になる毛穴は目立たなくなるうえに、肌に優しいお手入れができるので一石二鳥です。
また、敏感肌向けのエイジングケア化粧品も発売されています。
加齢が気になり始めた、あるいは、ハリのなさやたるみを実感するようになったけど、敏感肌だから、あまり即効性のあるものは使えないと諦めがちだった方も、このシリーズのクレンジング剤であれば、安心して使えます。

純正の植物性オイル

敏感肌の人の薬品

ふだんメイクをしている人、あるいはメイクをしなくても、UVカットの化粧品を毎日使っている人のお手入れには、クレンジング剤は不可欠な基礎化粧品です。
しかし自分は敏感肌で、クレンジング剤によっては肌の状態を悪化させてしまう、そのような人もいることでしょう。

最近は敏感肌向けの化粧品も多くなり、そのため、敏感肌を意識したクレンジング剤も、色々出回るようになっています。
特に、肌表面の角層を守りながらメイクを落としてくれるもの、また、特に敏感肌の人に多いセラミドの不足を補いつつも、クレンジング効果は抜群に高いアイテムなどもあります。
ネット上の化粧品メーカー、あるいは化粧品の口コミサイトなどでも色々情報がありますので、それを参考にして選ぶのをお勧めします。
また、特に最近、敏感肌用のクレンジングとして推奨されているのが、拭き取り式のクレンジングです。

特に洗顔料は泡立ちのために界面活性剤が使われている物が多いこと、必要以上に摩擦が起きやすいというのがその理由です。
元々クレンジング剤の中でも、敏感肌に優しいのはミルク式といわれています。
ミルクをたっぷりめに使って、肌にゆっくりとのばし、拭き取り用の化粧水をコットンに取って拭き取る、あるいは、ぬるま湯に浸したコットンやガーゼなどを使って拭き取るようにするといいでしょう。
逆に、シートタイプやオイルタイプは敏感肌にはあまりよくありませんので、やむをえない場合を除いては、使わない方がいいでしょう。
また、最近人気の高いオーガニック化粧品もお勧めです。
素材にこだわって作らていますので、肌に優しいうえに、植物性の香りがリラクゼーション効果を高めてくれますので、肌のみならず、精神面でも解放感が得られます。
それから、これは裏技というべきものですが、化粧品でなく、食品で落とすという方法もあります。
純正の植物性オイル、たとえばオリーブオイルなどを使って拭き取り、その後丁寧に洗顔をすることで、きれいさっぱり落ちることもあります。
もちろんこの場合の洗顔も、界面活性剤をあまり使っていない、たとえば石鹸などでの洗顔がいいでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031